Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ版LINEに「PINコード認証」 - 電話番号異なる端末からの不正ログインを防止

20140716_li_001.jpg

LINEは、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン対策として、4桁の暗証番号「PINコード」による認証機能を、7月17日15時より追加する。

利用者以外の第三者が本人になりすまし、LINEに不正ログインする被害が多発していることから、対策強化として実施するもの。

20140716_li_002.jpg
追加された認証画面(画像:LINE)

同社はすでに、パソコン版LINEからログインする際、4桁の暗証番号をスマートフォン版LINEに入力しないとログインできないよう変更しており、スマートフォン版LINEアプリについても認証を追加した。

電話番号の異なる別のスマートフォンのアプリからログインする際に、IDやパスワードにくわえ、事前に登録したPINコードの入力が必要になり、IDやパスワードが漏洩した場合などもPINコードを知らないとログインできなくなる。

ただし、端末からPINコードを設定していない場合は、端末の電話番号の下4桁がPINコードの代わりとなるため、IDや電話番号などもあわせて流出している場合は、認証を突破されるおそれがあるので注意が必要。

また同社では、PINコードについて「1111」や「1234」といった単純な数字や誕生日などは避けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加