Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ版LINEに「PINコード認証」 - 電話番号異なる端末からの不正ログインを防止

20140716_li_001.jpg

LINEは、スマートフォン版LINEアプリの不正ログイン対策として、4桁の暗証番号「PINコード」による認証機能を、7月17日15時より追加する。

利用者以外の第三者が本人になりすまし、LINEに不正ログインする被害が多発していることから、対策強化として実施するもの。

20140716_li_002.jpg
追加された認証画面(画像:LINE)

同社はすでに、パソコン版LINEからログインする際、4桁の暗証番号をスマートフォン版LINEに入力しないとログインできないよう変更しており、スマートフォン版LINEアプリについても認証を追加した。

電話番号の異なる別のスマートフォンのアプリからログインする際に、IDやパスワードにくわえ、事前に登録したPINコードの入力が必要になり、IDやパスワードが漏洩した場合などもPINコードを知らないとログインできなくなる。

ただし、端末からPINコードを設定していない場合は、端末の電話番号の下4桁がPINコードの代わりとなるため、IDや電話番号などもあわせて流出している場合は、認証を突破されるおそれがあるので注意が必要。

また同社では、PINコードについて「1111」や「1234」といった単純な数字や誕生日などは避けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信