Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Liferay」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

オープンソースのウェブ構築フレームワーク「Liferay Portal」に脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同ソフトに用意されたユーザー向けのアカウント管理ページに、「CVE-2014-2963」をはじめ、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかったもの。

影響を受けるのは、「同6.1.2 CE GA3」「同6.1.X EE」「同6.2.X EE」。悪用されると任意のコードを実行され、情報漏洩や、権限の昇格、サービス拒否などが発生するおそれがある。

修正版が公開されており、セキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデートをリリース - XSS対策が不完全な脆弱性など修正
Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正