Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で学生ボランティアのメールアドレス流出、同様事故過去にも - 北海道

北海道教育庁においてメール誤送信が発生し、学生ボランティア73人のメールアドレスが流出したことがわかった。

オホーツク教育局の担当者が、「学校サポーター派遣事業」の学生ボランティアバンクに登録している学生ボランティア73人に対し、研修会の案内メールを送信。その際、担当者の操作ミスにより送信先の全アドレスを表示した状態で送られたという。

また、今回の誤送信を受けて過去のメールについて確認したところ、2013年度までの間に学生ボランティアに登録した79人についても、同様の誤送信でアドレスを流出した可能性が判明した。今後は、複数の職員による宛先確認を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2014/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市