Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【不具合】「BIND 9.10.x」に深刻な脆弱性 - 問い合わせ処理で異常終了のおそれ

DNSサーバ「BIND 9.10.x」に、外部からの攻撃でサービス拒否に陥る深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「EDNS0」のオプション処理に脆弱性「CVE-2014-3859」が見つかったもので、細工されたDNSの問い合わせを処理すると、異常終了するおそれがある。

脆弱性が含まれているのは、「同9.10.0」から「同9.10.0-P1」。「9.10.x」以外の系列に関しては影響を受けない。脆弱性はBIND 9に付属のDNSライブラリ内に存在しているため、ライブラリを利用するプログラムなども影響を受ける可能性があるという。

今回の脆弱性は、リモートより攻撃が可能で、さらに権威サーバおよびキャッシュサーバの双方が影響を受けるため、Internet Systems Consortium(ISC)では、深刻度を「Critical」に設定し、修正プログラムを公開。

これを受け、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)や、日本レジストリサービス(JPRS)、JPCERTコーディネーションセンターなど関連機関が注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性