Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

H.I.S.のサイト閲覧でマルウェア感染のおそれ - 外部JavaScriptが改ざん

旅行サービス大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)のウェブサイトが一時不正なスクリプトを読み込んでいたため、閲覧するとマルウェアへ感染するおそれがあったことがわかった。

同社によると、同サイトを閲覧する際に読み込む外部サービスのJavaScriptが改ざんされたもの。そのため、5月24日から26日にかけてサイトを閲覧した場合、マルウェアに感染する可能性があった。

同社より一部運営業務を受託していたリクルートマーケティングパートナーズでは、5月26日18時ごろに問題へ気が付き、エイチ・アイ・エスでは、サイトから問題のJavaScriptを呼び出すタグを、26日18時ごろに削除したという。

両社は、心当たりがある利用者に対して、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。問い合わせについては、リクルートマーケティングパートナーズが対応。エイチ・アイ・エスでは、引き続き原因や閲覧者への影響について調査を行い、判明次第公表する方針。

(Security NEXT - 2014/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も