Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密データを自宅PCにメール、ネット流出で職員を懲戒処分 - 京都市

京都市は、職員が自宅に持ち出した非公開の人事情報などがインターネット上から流出したとして、同職員などに対して懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は2013年4月25日、当時所属していた情報化推進室職員の人事情報などのデータを、規定上禁止されていることを知りながら自宅のPCにメールで送信。データをパソコンの外部記憶装置に保存したが、その後それら情報がインターネット経由でアクセスできる状態になっていた。

同市では今回の問題を受けて、5月22日付けで同職員に対し停職10日の懲戒処分を実施。同日付けで、課長補佐から係長へ降格とした。上司に対しても文書による懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2014/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト