Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」の脆弱性狙うマルウェアが一時的に急上昇 - 水飲み場型攻撃に悪用

日本国内において「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2014-0515」を悪用する水飲み場型攻撃が確認されているとして、キヤノンITソリューションズが注意喚起を行った。

同社が製品を取り扱うESETにおいて、「Adobe Flash Player」に存在する既知の脆弱性「CVE-2014-0515」を攻撃するマルウェア「SWF/Exploit.CVE-2014-0515」の検知率が一時的に上昇したもの。

20140521_ci_001.jpg
「SWF/Exploit.CVE-2014-0515」が一時的に増加(グラフ:キヤノンITS)

5月20日の時点において、同マルウェアは日本国内で検知されたマルウェアの6.9%を占め、「HTML/IFrame」に次いで2番目に多く検知された。またキヤノンITSによれば、特定のターゲットに対してマルウェアを感染させるいわゆる「水飲み場型攻撃」への悪用を確認しているという。

攻撃の対象となった脆弱性「CVE-2014-0515」は、悪用されるとバッファオーバーフローが発生し、端末の制御を奪われるおそれがある。一時ゼロデイ攻撃に悪用され、Adobe Systemsでは、米国時間4月28日に脆弱性を修正するセキュリティアップデートを緊急公開している。

今回、攻撃の一時的な増加が確認されたが、翌21日にはすでに沈静化した模様で、検知率もマルウェア全体の0.1%未満まで縮小した。週単位の検知率も同じく0.1%未満であり、一時的な上昇と見られる。

一方で、同マルウェアは、すでに複数の亜種が確認されており、5月18日にはブラジル国内で感染が拡大した。今後さらなる亜種が発生する可能性もあるとして、キヤノンITSでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認