Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームから送信された過去6年間の個人情報が閲覧可能 - 松原市

大阪府松原市は、ウェブサイトの問い合わせフォームから送信された住民の個人情報1426件が、外部から閲覧可能だったことを明らかにした。

5月13日に判明したもので、同市によれば、サイトの管理を委託している業者がシステムを更新した際に設定ミスがあり、ウェブサイトの問い合わせフォームから送信された個人情報が外部から閲覧できる状態になっていたという。

閲覧可能だったのは、過去6年間に寄せられた問い合わせ1514件のうち、1426件の個人情報。システム更新を実施した1月15日以降、外部からアクセスできる状態だった。同市では問題を修正、ウェブサイトで不審な問い合せに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大