Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合フォームから送信された過去6年間の個人情報が閲覧可能 - 松原市

大阪府松原市は、ウェブサイトの問い合わせフォームから送信された住民の個人情報1426件が、外部から閲覧可能だったことを明らかにした。

5月13日に判明したもので、同市によれば、サイトの管理を委託している業者がシステムを更新した際に設定ミスがあり、ウェブサイトの問い合わせフォームから送信された個人情報が外部から閲覧できる状態になっていたという。

閲覧可能だったのは、過去6年間に寄せられた問い合わせ1514件のうち、1426件の個人情報。システム更新を実施した1月15日以降、外部からアクセスできる状態だった。同市では問題を修正、ウェブサイトで不審な問い合せに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に