Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AOLメール」のなりすましスパム、原因は不正ログインではなく情報漏洩

AOLの利用者になりすましたスパム送信が多発した問題で、その後の調査により、原因が当初発表の不正ログインではなく、同社システムに対する不正アクセスによる個人情報漏洩であることがわかった。

同社では、「AOLメール」のユーザーになりすましてスパムが大量に送信されたことを受け、使い回しのパスワードが原因による不正ログインの可能性が高いとして利用者に適切なパスワード管理を求めていたが、本社である米AOLによる調査の結果、ユーザーアカウントに対する不正アクセスが判明した。

詳細について調査中としているが、一部ユーザーのメールアドレス、住所、暗号化されたパスワード、パスワードリセット時に必要な「秘密のQ&A」に対する暗号化された答え、アドレス帳の連絡先などが不正アクセスを受けたことが判明。あわせて従業員情報も漏洩した。

同社では、不正アクセスにより漏洩したユーザー情報がスパム送信に利用されたと見ており、現時点では全メールアカウントの約2%が被害に遭った可能性があるという。

同社では、漏洩した暗号化済みのパスワードなどが破られた兆候はないと説明。デビットカードやクレジットカードなど決済情報の漏洩については、現時点では確認されていないとして否定した。

同社では、対象となるユーザーにメールで通知を行っている。また全ユーザーに対し、パスワードや秘密の質問、およびその答えを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件