Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AOLメール」のなりすましスパム、原因は不正ログインではなく情報漏洩

AOLの利用者になりすましたスパム送信が多発した問題で、その後の調査により、原因が当初発表の不正ログインではなく、同社システムに対する不正アクセスによる個人情報漏洩であることがわかった。

同社では、「AOLメール」のユーザーになりすましてスパムが大量に送信されたことを受け、使い回しのパスワードが原因による不正ログインの可能性が高いとして利用者に適切なパスワード管理を求めていたが、本社である米AOLによる調査の結果、ユーザーアカウントに対する不正アクセスが判明した。

詳細について調査中としているが、一部ユーザーのメールアドレス、住所、暗号化されたパスワード、パスワードリセット時に必要な「秘密のQ&A」に対する暗号化された答え、アドレス帳の連絡先などが不正アクセスを受けたことが判明。あわせて従業員情報も漏洩した。

同社では、不正アクセスにより漏洩したユーザー情報がスパム送信に利用されたと見ており、現時点では全メールアカウントの約2%が被害に遭った可能性があるという。

同社では、漏洩した暗号化済みのパスワードなどが破られた兆候はないと説明。デビットカードやクレジットカードなど決済情報の漏洩については、現時点では確認されていないとして否定した。

同社では、対象となるユーザーにメールで通知を行っている。また全ユーザーに対し、パスワードや秘密の質問、およびその答えを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定