Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図研ネットウエイブ、米AlgoSec製FWマネジメントツールを取扱開始

図研ネットウエイブは、米AlgoSecが開発するファイアウォールマネジメントツールの取り扱いを開始した。

同製品は、セキュリティゲートウェイのセキュリティポリシーを解析し、適切なポリシーを生成、運用できるマネジメントスイート。ナレッジベースや実際のルール稼働状況から解析し、ポリシーを作成した上で自動で適用できる。

同スイートは、アプリケーションのセキュリティポリシーを管理する「AlgoSec BusinessFlow」や、ポリシー変更管理を自動化する「AlgoSec FireFlow 」、ネットワークにおけるセキュリティポリシーを分析「AlgoSec Firewall Analyze 」で構成。

複数のベンダーが提供するセキュリティゲートウェイに対応しており、複雑化するポリシー管理の負荷を軽減できる。提供形態はソフトウェア、仮想版を用意しており、ライセンスでの販売となる。

(Security NEXT - 2014/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ソフォス、ファイアウォールの導入支援サービス
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス