Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図研ネットウエイブ、米AlgoSec製FWマネジメントツールを取扱開始

図研ネットウエイブは、米AlgoSecが開発するファイアウォールマネジメントツールの取り扱いを開始した。

同製品は、セキュリティゲートウェイのセキュリティポリシーを解析し、適切なポリシーを生成、運用できるマネジメントスイート。ナレッジベースや実際のルール稼働状況から解析し、ポリシーを作成した上で自動で適用できる。

同スイートは、アプリケーションのセキュリティポリシーを管理する「AlgoSec BusinessFlow」や、ポリシー変更管理を自動化する「AlgoSec FireFlow 」、ネットワークにおけるセキュリティポリシーを分析「AlgoSec Firewall Analyze 」で構成。

複数のベンダーが提供するセキュリティゲートウェイに対応しており、複雑化するポリシー管理の負荷を軽減できる。提供形態はソフトウェア、仮想版を用意しており、ライセンスでの販売となる。

(Security NEXT - 2014/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC