Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、デジタルフォレンジック分野で愛知県警を支援

NTTデータは、愛知県警察に同社のデジタルフォレンジックのノウハウを提供し、サイバー犯罪捜査の技術向上を支援することを明らかにした。

具体的には、愛知県警察本部サイバー犯罪対策課職員を同社にて受け入れ、デジタルフォレンジックの知識や技術の習得を支援。1名に関しては5月1日より4カ月間を予定。さらに今後1年間で複数名を受け入れる計画だという。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催