Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、デジタルフォレンジック分野で愛知県警を支援

NTTデータは、愛知県警察に同社のデジタルフォレンジックのノウハウを提供し、サイバー犯罪捜査の技術向上を支援することを明らかにした。

具体的には、愛知県警察本部サイバー犯罪対策課職員を同社にて受け入れ、デジタルフォレンジックの知識や技術の習得を支援。1名に関しては5月1日より4カ月間を予定。さらに今後1年間で複数名を受け入れる計画だという。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン