Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTMなどへ標的型攻撃対策機能を追加

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTMやファイアウォール向けに標的型攻撃対策ソリューション「WatchGuard APT Blocker」をオプションとして提供する。

同ソリューションは、サンドボックスを用いて未知のマルウェアを検知するソリューション。疑わしいファイルを特定し、米Lastlineによるクラウドベースのサンドボックスに送信して分析し、未知のマルウェアを検知する。また、UTMアプライアンスに搭載する可視化ツール「WatchGuard Dimension」により攻撃を可視化することが可能。

同機能は、日本国内において5月15日より提供を開始する予定のUTMアプライアンス向けファームウェア「Fireware OS 11.9」より提供され、30日間の無償評価版が利用できる。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか