Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

修正版「Apache Struts2」は対応不十分、いまだゼロデイ状態 - MBSDが注意喚起

20140424_ap_001.jpg

ウェブアプリケーションのフレームワークである「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性「CVE-2014-0094」が見つかった問題で、修正版として公開された最新版「同2.3.16.1」でも、攻撃を受けるおそれがあることがわかった。脆弱性を発見した三井物産セキュアディレクション(MBSD)では、注意を呼びかけるとともに、緩和策を案内している。

問題の「CVE-2014-0094」は、「ClassLoader」を操作される脆弱性。Apache Software Foundationでは、3月に修正版として「同2.3.16.1」を公開している。同脆弱性については、実証コードが公開されており、悪用が容易であるとしてセキュリティ機関や専門家が注意喚起を行っている。

MBSDは、同バージョンに関して「修正が不十分であり、いまだClassLoaderを操作される脆弱性が存在している」と不具合を指摘。情報漏洩や不正なファイル操作、サービス拒否、場合によっては任意のコードを実行されるおそれがあるとして、同社ではApache Software Foundationに脆弱性を報告したという。

今回の問題を受けて同社では、脆弱性を緩和するサーブレットフィルタのソースコードを公開した。公式対応ではなくあくまで暫定対策であるとし、利用条件を確認、十分検証を実施した上で利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」利用時にDoS攻撃受けるおそれ
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック