Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WU経由で「Windows 8.1 Update」を配布開始 - 未適用だと修正パッチが受信不可に

日本マイクロソフトは、「Windows 8」や「同8.1」向けに、「Windows 8.1 Update」の配布を開始した。無料のアップデートで、適用しないとセキュリティ更新プログラムの受信が行えなくなる。

4月3日に先行してMSDNおよびTechNet向けに提供していたが、4月9日より「Windows Update」およびダウンロードセンターより提供を開始したもの。「同RT」向けにも「Windows RT 8.1 Update」が用意されている。

パッケージ版やダウンロード版についても順次対応していく予定で、ボリュームライセンスについても、4月15日よりメディアの提供を開始する。

今回のアップデートでは、マウス操作の改善をはじめ、ユーザーからのフィードバックを取り入れたユーザビリティの向上を実施。セキュリティ更新プログラムとパフォーマンス更新プログラムが含まれる。

「Windows 8.1」に関しては、同アップデートを適用しないと、5月以降に提供されるセキュリティ更新プログラムを適用できなくなるため、注意が必要。利用者にとって、今後同OSを安全に利用するためには、「必須」のアップデートとなっている。

(Security NEXT - 2014/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み