Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WU経由で「Windows 8.1 Update」を配布開始 - 未適用だと修正パッチが受信不可に

日本マイクロソフトは、「Windows 8」や「同8.1」向けに、「Windows 8.1 Update」の配布を開始した。無料のアップデートで、適用しないとセキュリティ更新プログラムの受信が行えなくなる。

4月3日に先行してMSDNおよびTechNet向けに提供していたが、4月9日より「Windows Update」およびダウンロードセンターより提供を開始したもの。「同RT」向けにも「Windows RT 8.1 Update」が用意されている。

パッケージ版やダウンロード版についても順次対応していく予定で、ボリュームライセンスについても、4月15日よりメディアの提供を開始する。

今回のアップデートでは、マウス操作の改善をはじめ、ユーザーからのフィードバックを取り入れたユーザビリティの向上を実施。セキュリティ更新プログラムとパフォーマンス更新プログラムが含まれる。

「Windows 8.1」に関しては、同アップデートを適用しないと、5月以降に提供されるセキュリティ更新プログラムを適用できなくなるため、注意が必要。利用者にとって、今後同OSを安全に利用するためには、「必須」のアップデートとなっている。

(Security NEXT - 2014/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース