Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールのウェブサイトが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ

大手下着メーカーワコールのサーバが不正アクセスを受け、一部サイトが改ざんされていたことがわかった。同社では被害が確認されていない関連サイトも含め、一時的に停止して調査を行っている。

同社の発表によれば、3月28日に一部検索サイトが同社サイトを「コンピュータに損害を与える可能性がある」と判定。これを受け調査した結果、改ざんが判明した。同社は同日17時30分に関連サイトをすべて閉鎖し、詳細な調査を開始した。

現時点で改ざんが確認できているサイトは「http://www.wacoal.jp」のみで、その他の関連する45サイトについて改ざんの有無は判明していない。改ざん期間についても調査中であり、サイトの復旧時期は未定。

改ざんされた状態のサイトにアクセスした場合、ウイルスに感染する可能性があったとして、利用者に対しセキュリティ対策ソフトによるウイルスチェックを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
外部から不正投稿、意図しない記事を掲載 - 日本証券新聞
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイト改ざんで外部サイトに誘導 - ケーヨーデイツー
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社