Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全世界で年間5億7500万件超のデータが紛失や盗難に

2013年に全世界で発生した情報漏洩は1000件を超え、5億7500万件以上のデータが紛失や盗難に遭っていたことがわかった。

米SafeNetが開設したウェブサイト「SafeNet Breach Level Index」で明らかにしたもの。同サイトでは、全世界で発生している情報漏洩事案の深刻度を数値化して公開している。

同社によれば、2013年には少なくとも1000件の情報漏洩が発生。5億7500万件以上のデータが紛失や盗難された。1日あたり157万6555件のデータが被害を受けた計算となる。また漏洩事案の44%は、漏洩件数を公開していなかった。

情報漏洩を発生原因別に見ると、「悪意ある部外者」が57%で最多。次いで「紛失(27%)」「内部犯行(13%)」「ハクティビスト(2%)」と続く。業種別では、紛失または盗難したデータの総件数において占める割合が最も多いのは「テクノロジー」分野で43%。漏洩事案に占める割合では「医療」分野が31%で最多となった。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず