Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全世界で年間5億7500万件超のデータが紛失や盗難に

2013年に全世界で発生した情報漏洩は1000件を超え、5億7500万件以上のデータが紛失や盗難に遭っていたことがわかった。

米SafeNetが開設したウェブサイト「SafeNet Breach Level Index」で明らかにしたもの。同サイトでは、全世界で発生している情報漏洩事案の深刻度を数値化して公開している。

同社によれば、2013年には少なくとも1000件の情報漏洩が発生。5億7500万件以上のデータが紛失や盗難された。1日あたり157万6555件のデータが被害を受けた計算となる。また漏洩事案の44%は、漏洩件数を公開していなかった。

情報漏洩を発生原因別に見ると、「悪意ある部外者」が57%で最多。次いで「紛失(27%)」「内部犯行(13%)」「ハクティビスト(2%)」と続く。業種別では、紛失または盗難したデータの総件数において占める割合が最も多いのは「テクノロジー」分野で43%。漏洩事案に占める割合では「医療」分野が31%で最多となった。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ