Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

森アーツセンターの通販サイトに不正アクセス、個人情報が流出 - クレカ情報は含まれず

オンラインショップ「森アーツセンターミュージアムショップ」が不正アクセスを受け、最大1200件の顧客情報が漏洩した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する森ビルによれば、不正アクセスを受けたのは、六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーの関連グッズを販売するオンラインショップ。3月7日に不正アクセスの痕跡を確認した。

調査を行ったところ、2013年11月20日から2014年3月7日にかけて不正アクセスがあり、同サイトの購入者リストを閲覧された可能性があることが判明したという。

流出した可能性があるのは、同サイトで商品を購入した顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購入商品の情報など最大で約1200件のデータ。クレジットカード情報の流出については否定した。

ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれた可能性が高いとしており、同社ではサイトを一時停止して原因調査とセキュリティ強化を進めている。また対象となる顧客には、個別にメールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2014/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致