Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、認証ソリューションの新版「CA SiteMinder r12.52」 - セッションハイジャック対策を強化

CA Technologiesは、シングルサインオン基盤ソリューションの新版「CA SiteMinder r12.52」を提供開始した。

同製品は、シングルサインオンをはじめ、認証や監査、管理機能など、ウェブアプリケーションにおけるアイデンティティおよびアクセス管理機能を提供するソリューション。

新版では、「セッション・アシュアランス」機能を拡張しており、セッションを特定のデバイスにマッピングし、セッションハイジャックを検知できる。また「OAuth」を用いたクラウド環境やソーシャルIDとの連携を充実させたほか、「WS-Federation 1.2 Active Profile」をサポートしている。

ビジネスユーザーにおいて1000ライセンスで利用した際の参考価格は、341万2500円。サービス用ライセンスも別途用意している。

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開