Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上書き保存気付かず個人情報リストを誤送信 - 東京都しごとセンター

東京都しごとセンターにおいて、利用者12人の個人情報含むファイルを別の利用者5人に添付してメール送信していたことがわかった。

同センターを運営する東京しごと財団によれば、30歳から54歳までの雇用就業支援業務を委託しているパソナの従業員が、2月24日16時ごろセンター利用者5人に対し、誤って個人情報を保存したファイルを送信したもの。

本来ならば同ファイルには求人情報が記載されていたが、送信前に別の担当者が誤って利用者リストで上書き保存していた。それに気付かず添付して送信してしまったという。

誤送信されたファイルには、利用者12人の氏名、メールアドレス、利用者登録番号含まれる。添付ファイルを送信する際に、開封して事前に内容を確認する手順が定められているが、確認していなかった。

同日中に、誤送信先の5人に対しパソナが説明と謝罪を行い、データの削除を要請。翌25日には、情報流出の対象となった12人に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
個人情報含むファイルをメール誤送信 - 香川大
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
受験許可証を異なる受験者へメール送信、システム設定ミスで - 英検
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン