Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上書き保存気付かず個人情報リストを誤送信 - 東京都しごとセンター

東京都しごとセンターにおいて、利用者12人の個人情報含むファイルを別の利用者5人に添付してメール送信していたことがわかった。

同センターを運営する東京しごと財団によれば、30歳から54歳までの雇用就業支援業務を委託しているパソナの従業員が、2月24日16時ごろセンター利用者5人に対し、誤って個人情報を保存したファイルを送信したもの。

本来ならば同ファイルには求人情報が記載されていたが、送信前に別の担当者が誤って利用者リストで上書き保存していた。それに気付かず添付して送信してしまったという。

誤送信されたファイルには、利用者12人の氏名、メールアドレス、利用者登録番号含まれる。添付ファイルを送信する際に、開封して事前に内容を確認する手順が定められているが、確認していなかった。

同日中に、誤送信先の5人に対しパソナが説明と謝罪を行い、データの削除を要請。翌25日には、情報流出の対象となった12人に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大