Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上書き保存気付かず個人情報リストを誤送信 - 東京都しごとセンター

東京都しごとセンターにおいて、利用者12人の個人情報含むファイルを別の利用者5人に添付してメール送信していたことがわかった。

同センターを運営する東京しごと財団によれば、30歳から54歳までの雇用就業支援業務を委託しているパソナの従業員が、2月24日16時ごろセンター利用者5人に対し、誤って個人情報を保存したファイルを送信したもの。

本来ならば同ファイルには求人情報が記載されていたが、送信前に別の担当者が誤って利用者リストで上書き保存していた。それに気付かず添付して送信してしまったという。

誤送信されたファイルには、利用者12人の氏名、メールアドレス、利用者登録番号含まれる。添付ファイルを送信する際に、開封して事前に内容を確認する手順が定められているが、確認していなかった。

同日中に、誤送信先の5人に対しパソナが説明と謝罪を行い、データの削除を要請。翌25日には、情報流出の対象となった12人に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
内部告発職員の氏名が関連部署に漏洩 - 大阪府
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大