Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本年金機構」装うフィッシングに注意 - 「30歳から年金受給」と架空制度で誘導

「日本年金機構」の職員を装ったフィッシングメールが出回っており、同機構では注意を呼びかけている。

20140127ne_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:日本年金機構)

同機構によれば、問題のフィッシングメールでは、同機構の職員を名乗り、「新しいタイプの年金プログラム」などとして、実在しない「自己年金制度」を紹介。

「高齢を待たずに30歳から年金を受け取ることが可能」などと説明し、「消費税が8%となり、生活レベルを維持するのは困難な時代にとなってきました」と不安を煽り、フィッシングサイトへ誘導する。

出回っているメールのURLは、本記事執筆時点ですでにアクセスできない状態だったが、複数のURLを用いていたり、今後類似した攻撃が行われる可能性もあるため、今後も注意が必要だ。

(Security NEXT - 2014/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導
「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る
「我々のシステムは既にセキュリティアップデートを行っている」 - 「偽ヨドバシカメラ」からのメールに注意
「インドネシアからのサインイン検出」と不安煽るAmazonのフィッシング
JCBカード利用者狙うフィッシングに注意 - 定期メールを偽う手口
2段階認証設定したとだます「LINE」のフィッシング
AMEXのフィッシング攻撃に注意 - 「異なる端末でアクセス確認」とだます手口