Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「重要」の月例パッチ4件を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

日本マイクロソフトは、2014年最初の定例アップデートを実施し、4件の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。2013年11月に悪用が確認されたゼロデイ脆弱性の修正も含まれる。

今回公開されたプログラムは、4段階中2番目に深刻とされる「重要」のプログラム4件。10日に公開された予告どおり、深刻度「緊急」のプログラムはなかった。

Windows向けのプログラムは、「Windowsカーネル」の脆弱性を修正する「MS14-002」と、「Windowsカーネルモードドライバ」の脆弱性に対処した「MS14-003」の2件。いずれも細工されたプログラムを実行すると、特権の昇格が生じる可能性がある。

「MS14-002」で修正された「CVE-2013-5065」は、「NDProxyコンポーネント」に存在し、すでに公開されている脆弱性。「Windows XP」や「Windows Server 2003」に影響があり、2013年11月には、脆弱性を悪用した標的型攻撃が確認されている。

「MS14-001」は、「Word」および「Office Web Apps」に含まれる3件の脆弱性に対応。「Word Viewer」「Office 互換機能パック」なども影響を受ける。一部ソフトウェアについては、複数の更新プログラムパッケージが用意されており、手動で適用する場合は注意が必要。

また「MS14-004」では、非公開で報告された「Microsoft Dynamics AX」の脆弱性1件を修正している。悪用されるとサービス拒否に陥る可能性があるという。

(Security NEXT - 2014/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要