Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEX、セキュリティ管理ツール「LanScope Cat」にウェブフィルタリング機能を追加

エムオーテックスは、ネットワークセキュリティツール「LanScope Cat」にウェブフィルタリング機能をあらたに搭載した。

同製品は、IT資産管理からセキュリティ対策、情報漏洩対策、業務改善などを実現するネットワーク統合管理ツール。従来よりウェブアクセス監視機能でアクセスログ取得やレポーティング、アクセス制御などが可能だったが、あらたにウェブフィルタリング機能を追加した。

同機能では、ネットスターのデータベースを採用。82カテゴリが用意されており、アクセス許可や書き込み禁止といった設定が可能で例外設定にも対応。クライアント常駐型のため、オフラインの持ち出しPCでも利用できる。

ウェブアクセス監視機能の価格は4725円から。フィルタリングDB年間使用ライセンスは、1クライアントあたり1050円。

ウェブアクセス監視機能を新規購入すると、同機能が無料で1年間利用できる。またすでにウェブアクセス監視機能を利用している場合、フィルタリングDB年間使用ライセンスを購入すれば同機能が利用できる。

(Security NEXT - 2014/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充