Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三和コムテック、ツールと手動を組み合わせたサイトの脆弱性診断サービス

三和コムテックは、遠隔診断ツールと手動診断を組み合わせたウェブサイトの診断サービス「スマート脆弱性診断サービス(SVSS)」を提供開始した。

同サービスは、ウェブアプリケーション脆弱性検査ツール「IBM Security AppScan」などの遠隔診断ツールと手動診断を組み合わせて、企業サイトの脆弱性診断を実施するもの。

診断箇所はページの重要度によって選別。重点的に調べるページ、診断対象外とするページなど整理したうえで、診断対象や画面遷移、診断内容、診断の実施時期などヒアリングを行い、顧客の要望に沿って診断する。

診断で重要度の高い脆弱性が見つかった場合は通知し、診断結果レポートでは、脆弱性情報のほか対策方法やソリューションなども報告する。オプションで報告会の開催にも対応する。価格は、動的画面の遷移数25で55万円から、遷移数50で100万円から。

(Security NEXT - 2014/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス