Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトが改ざん被害、閲覧でウイルス感染のおそれ - NTTデータMSE

NTTデータMSEのウェブサイトが改ざん被害に遭っていたことがわかった。閲覧するとウイルスに感染するおそれがあったという。

同社によれば、ウェブサイトが改ざんされ、11月21日19時過ぎから同月25日19時ごろまで不正なコードが埋め込まれた状態になったという。閲覧すると外部サイトに誘導され、ウイルスに感染するおそれがあった。

同社では、ウイルス感染の被害報告などは受けていないという。また同サイトでは個人情報を取り扱っておらず、個人情報の漏洩についても否定した。

同社では改ざんされた期間にウェブサイトを閲覧した利用者に対し、最新のセキュリティ対策ソフトを用いてウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛媛県武道館のサイトが改ざん - マルウェア感染の影響などは調査中
情報流出の可能性「きわめて低い」 - 共同通信PRワイヤーが報告
エキサイトブログが改ざん被害 - ウイルス感染被害は発生せず
神奈川工科大のウェブサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ
迷惑メール送信に岐阜県青少年SOSセンターのメルアドが悪用される - エラーメール5万5000件
2月に発生したサイト改ざんを公表 - 日本バスケットボール協会
ワコールへの不正アクセス、「改ざん」と「修復」を繰り返す - 再開は4月下旬
岡崎信金のサイトが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ
サイトが改ざん被害、利用者に感染チェックを呼びかけ - テレビ西日本
サイトの一部ページが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ - 日本冶金工業