Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows XP」のゼロデイ攻撃、不正なPDFファイルを悪用 - 最新版「Adobe Reader」にアップデートを

「Windows XP」に対するゼロデイ攻撃では、不正なPDFファイルが利用されていることがわかった。今回の脆弱性を発見し、Microsoftに報告したFireEyeが明らかにした。

今回悪用が確認されたのは、特権の昇格が生じる脆弱性「CVE-2013-5065」。Microsoftでは、セキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

リモートからコードを実行することはできず、攻撃するにはユーザー権限でログインし、コードを実行する必要がある。そのため、Adobe Readerの既知の脆弱性を利用し、ユーザーにコードを実行させる不正なPDFファイルが出回っているという。

不正なPDFファイルは、「Windows XP SP3」上で動作する「Adobe Reader」の旧バージョン「同9.5.4」「同10.1.6」「同11.0.02」および以前のバージョンを対象としていた。対象の環境でPDFを開くと、不正なコードがテンポラリフォルダに保存され、実行される。最新版の「Adobe Reader」であれば影響を受けない。

FireEyeでは、脆弱性の緩和策として、最新版の「Adobe Reader」へバージョンアップすることや、「Windows 7」以降を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表