Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デル、処理能力を高めた新製品「Dell SonicWALL NSA 2600」を投入

デルは、ゲートウェイ型ネットワークセキュリティアプライアンスの新モデル「Dell SonicWALL NSA 2600」を提供開始した。

20131128ds_001.jpg
Dell SonicWALL NSA 2600

同製品は、1Uラックサイズの中堅企業向けセキュリティアプライアンス。ハイエンドモデルである「SuperMassive」シリーズと同じアーキテクチャを採用している。

ファイアウォールやIPSのほか、「Reassembly-Free Deep Packet Inspection(RFDPI)エンジン」により、ポートやプロトコルではなく、全トラフィックを監視することが可能。ゲートウェイによるウイルス検知やアプリケーション制御、URLフィルタリングを実現する。

1Gbpsの独立したマネジメントポートを実装したほか、フェイルオーバーやロードバランシングに対応している。ファイアウォールのスループットは1.9Gbps。ディープパケットインスペクションについては300Mbps、IPSも700Mbpsなど、従来モデル「同NSA2400」と比較し、パフォーマンスを2倍から3倍に向上させたという。また必要に応じてモジュールを追加できるよう拡張性を持たせている。価格はオープン。

(Security NEXT - 2013/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業