Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウェブフィルタリング「InterSafe CATS」がiOSとAndroidに対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ウェブフィルタリングサービスの新版「InterSafe CATS Ver.4.0」を12月24日より提供開始する。

同サービスは、詐欺サイトや悪質サイトへのアクセスをブロックすることで、情報漏洩やウイルス感染などを防ぐSaaS型のフィルタリングサービス。

最新版では、従来より対応しているWindowsにくわえ、iOSおよびAndroid向けに専用ブラウザを提供し、対応プラットフォームを拡張。各端末からのアクセスを一元管理できるようになった。また携帯電話通信による接続と無線LAN通の双方に対応し、SSLにより暗号化された通信もブロックできる。

5〜99ユーザーで利用する場合、1ユーザーあたりのライセンス価格は、3000円/年から。官公庁や教育機関向けのライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2013/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム