Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」の脆弱なPWを破って拡散するワーム - シマンテックが確認

シマンテックは、「Apache Tomcat」が稼働するサーバに感染するバックドア型のワームを確認したことを明らかにした。

今回同社が確認したのは「Apache Tomcat」上で「Javaサーブレット」のように動作するバックドア型のワーム「Java.Tomdep」。同社顧客より感染報告が寄せられており、感染の発生地域は限られているものの、すでに日本国内でも被害が発生しているという。

同ワームが実行された場合、ページは生成せずにIRCサーバに接続。IRCボットのように振る舞い、攻撃者が送信したコマンドを実行する。コマンド&コントロールサーバは、台湾とルクセンブルクに設置されていた。

外部のコマンド操作により、ファイルのダウンロードやアップロード、新規プロセスの作成、SOCKSプロキシ、UDPフラッド、ワーム自身の更新などが可能。さらにApache Tomcatが稼働する別のサーバを探しだし、ユーザー名とパスワードの辞書を用いてログインを試行し、感染を拡大する。

ウェブサーバの訪問者に対する感染活動などは行われておらず、同社は今回の攻撃について、侵入したサーバからDDoS攻撃を行うことが目的である可能性が高いと分析している。

同社は、同ワームの感染を防止するため、サーバにパッチを適用し、セキュリティ対策ソフトについても最新の状態に更新するよう呼びかけるとともに、脆弱なパスワードを避け、管理ポートを外部へ開放しないよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2013/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大