Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」の正式版が公開 - 日本語にも対応

Microsoftは、「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」の正式版を公開した。日本語版も用意されている。

MBSAは、エンドポイントのセキュリティ設定を検査するツール。ローカルだけでなくリモート環境にも対応しており、設定ミスやセキュリティ更新プログラムの適用状況などをチェックできる。

9月よりプレビュー版を公開していたが、フィードバックなどを経て正式版が公開となったもの。正規版では、英語版にくわえ、ドイツ語版、フランス語版、日本語版も用意されている。32ビット、64ビットいずれも対応している。

最新版となる「MBSA 2.3」では、最新OSとなる「Windows 8.1」をはじめ、「Windows 8」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」をサポートした。そのほか不具合の修正などが中心で、機能の追加などは行われていないという。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業