Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

gooのツールバーにマルウェアサイト警告機能 - 「ACTIVE」よりデータ提供受けて

NTTレゾナントは、ブラウザ向けツールバー「gooスティック」にマルウェア配布サイトの警告機能を追加した。

同社では、総務省が主導する官民連携によるマルウェア対策支援プロジェクト「ACTIVE」に参加しており、その取り組みの一環として提供するもの。

同機能の搭載により、ユーザーがマルウェアに感染するおそれがあるウェブサイトへアクセスしようとすると、ポップアップにより警告を表示し、注意喚起促すことが可能となった。マルウェア配布サイトのデータベースは、同社が保有するデータにくわえ、「ACTIVE」がハニーポットを用いて収集した情報を活用している。

対象となる「gooスティック」は、「gooスティック 通常版」「緑のgooスティック」「節電gooスティック」「OCNツールバー Powered by goo」のバージョン6.2。

(Security NEXT - 2013/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
PDFソフト「Foxit Reader」「Foxit PhantomPDF」に複数脆弱性 - アップデートを
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
ビデオ会議ツール「Cisco Webex」に脆弱性 - 実証コード公開済み
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ