Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

gooのツールバーにマルウェアサイト警告機能 - 「ACTIVE」よりデータ提供受けて

NTTレゾナントは、ブラウザ向けツールバー「gooスティック」にマルウェア配布サイトの警告機能を追加した。

同社では、総務省が主導する官民連携によるマルウェア対策支援プロジェクト「ACTIVE」に参加しており、その取り組みの一環として提供するもの。

同機能の搭載により、ユーザーがマルウェアに感染するおそれがあるウェブサイトへアクセスしようとすると、ポップアップにより警告を表示し、注意喚起促すことが可能となった。マルウェア配布サイトのデータベースは、同社が保有するデータにくわえ、「ACTIVE」がハニーポットを用いて収集した情報を活用している。

対象となる「gooスティック」は、「gooスティック 通常版」「緑のgooスティック」「節電gooスティック」「OCNツールバー Powered by goo」のバージョン6.2。

(Security NEXT - 2013/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議ツール「Cisco Webex」に脆弱性 - 実証コード公開済み
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
Intel、多岐にわたるセキュリティアップデート - アドバイザリの確認を
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生