Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2013」四国大会、平均16歳のチームが優勝

国内最大のセキュリティ競技会「SECCON 2013」の地方予選である「四国大会」が、10月20日に香川大学にて開催された。

実行委員会によれば、今回の四国大会は、隣県から参加した地元チームと、翌日の「MWSCup」に参戦する遠征組との混戦になったという。

2012年度の「SECCON全国大会」に出場した平均年齢約16才のチーム「EpsilonDelta」が、終始リードする展開となり優勝。決勝へ駒を進めた。残念ながら優勝は逃したものの、2名で参加したチーム「wasamusume」や、1名によるチーム「askn」なども人数的なハンデがありながら善戦し、上位に食い込んだ。

競技では、競技ネットワークとは別のネットワークを使って解く問題や、プログラム実行時にキーボードのLEDが点灯し、目で確認しながら解く問題など、バラエティに富んだ出題が行われたという。

次回は11月9日、10日に福島大会が予定されているが、定員に達している。実行委員会では、定員の拡大が検討されている地方大会や、2014年1月に開催が予定されているオンライン予選への出場をなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始