Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、PDFファイルの利用権限制御や閲覧期限設定を実現するサービス

大塚商会は、PDFファイルのセキュリティを強化するASPサービス「たよれーるPDFセキュリティサービス」を、11月1日より提供開始する。

20131025os_001.jpg
サービスの概要(図:大塚商会)

同サービスは、PDFファイルの閲覧や、利用期限の制御を実現するソリューション。ログの取得にも対応している。キヤノンITソリューションズの「PDFPolicy Service」を活用したもので、ファイルは、「Adobe Reader」により閲覧することが可能。

ユーザーやグループごとに文書の閲覧、印刷、編集など利用権限を制御でき、任意のタイミングでファイルを閲覧できないよう権限を変更できる。また任意の文字列を透かしとして文書に埋め込むことや、監査ログにより利用状況を確認することが可能。

価格は、10ユーザー込みの基本パックが月額2万1000円。初期費用が3万1500円。追加10ユーザーが1万5750円から。

(Security NEXT - 2013/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制