Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの最多送信国は米国 - 人口の割合ではベラルーシがトップ

ソフォスは、2013年第3四半期におけるスパム送信国の状況を取りまとめた。日本が送信元のスパムは全体の1.3%で、ランキングでは23位だった。

同社が、スパムの送信状況について国別の統計をまとめたもの。最多送信国は前回調査と同じ「米国」で全体の14.6%を占める。前回の13.8%からわずかに上昇した。

続いて多いのが前回と同様に「ベラルーシ」だが、割合は11.7%から5.1%へと半減している。一方「インド(4.7%)」が前回の6位から3位に浮上。あらたに「イラン(3.3%)」が9位にランクインするなどの動きが見られた。

一方、各国の人口差を踏まえた人口比率別の順位を見ると、ランキングはがらりと変わる。米国を基準値「1.0」として平均配信数をまとめると、もっとも多い「ベラルーシ」は米国の11.1倍にのぼる。

さらに「ウルグアイ(4.7倍)」「台湾(3.8倍)」「ルクセンブルク(2.7倍)」と続くが、配信数ランキングでは上位だった「イタリア」のほか、人口が多い「インド」や「中国」なども上位にランキングしなかった。

スパム送信国の上位10カ国

1位:米国
2位:ベラルーシ
3位:インド
4位:イタリア
5位:中国
6位:台湾
7位:アルゼンチン
8位:スペイン
9位:イラン
10位:ペルー

人口比率を踏まえたスパム送信国上位10カ国

1位:ベラルーシ
2位:ウルグアイ
3位:台湾
4位:ルクセンブルク
5位:マケドニア
6位:ペルー
7位:クウェート
8位:バハマ
9位:カザフスタン
10位:ブルガリア

(Security NEXT - 2013/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
メールセキュリティ製品「SPAMSNIPER AG」を発売 - キヤノンITS
カスペルスキー、SOCやCSIRT向けに脅威情報の検索サービス
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開