Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブランコ、SSD専用のデータ消去方式を独自開発

ブランコ・ジャパンは、利用が増えるソリッドステートドライブ(SSD)のあらたなデータ消去方式を開発したと発表した。今後、同社製品で実装していくという。

SSDは、従来のハードディスクと同様の消去方法では安全が確保できないとされており、さらに複数メーカーの製品が混在する状況から、同社では、SSD専用のデータ消去を防ぐフリーズロック機能の解除機能を搭載したほか、独自の方式をあらたに開発したという。

実効性については、イギリスのセキュリティ検証機関である「Asset Disposal and Information Security Alliance(ADISA)、データ復旧専門機関の「Stellar Data Recovery」でデータが復元できないことを検証したとしている。

(Security NEXT - 2013/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ
カスペルスキー、「Android for Work」に対応したモバイルセキュリティ製品
アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール