Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSE、トークン不要のOTPがスマートデバイス向けに新機能 - 二要素認証が可能に

シー・エス・イーは、トークンを利用しないワンタイムパスワードシステム「SECUREMATRIX」に、スマートデバイス向けの新機能を追加した。

同システムは、乱数表に数字をランダムに表示し、あらかじめ決めておいた場所の数字を順番どおり入力することで認証が行えるワンタイムパスワード認証ソリューション。

今回、スマートデバイス向けの二要素認証機能をあらたに搭載。登録端末のみ乱数表を表示させることが可能となった。またFelicaなどのカード情報を二要素目にすることも可能。複数の要素を組み合わせて多要素認証にすることもできる。

またスマートデバイス利用時は乱数表を大きく表示するなど、インターフェースも改良した。価格は、25ユーザーで31万円。

(Security NEXT - 2013/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
日立Sol、就業時間外にPCを利用させないソリューション - 指定時間にシャットダウン
JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ
ALSI、スマートデバイス向けにウェブフィルタリングサービス