Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

ウェブブラウザの「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートで修正されている。

脆弱性ポータルのJVNによれば、同ソフトでは、ページのエンコード設定が「UTF-8」になっている場合、クロスサイトスクリプティングにより、任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。「同15」より以前のバージョンが影響を受ける。

Opera Softwareでは、最新版となる「同バージョン16」を8月終盤にリリースしており、同バージョンへアップグレードすることにより脆弱性を解消できる。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ