Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ設定を検査できる「MBSA 2.3」のプレビュー版が公開

Microsoftは、最新版となる「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」のプレビュー版を公開した。正式版の公開は今秋を予定している。

同ツールは、エンドポイントのセキュリティ設定を検査するツール。ローカルだけでなくリモート環境にも対応しており、設定ミスやセキュリティ更新プログラムの適用状況などをチェックできる。

最新版となる「MBSA 2.3」では、最新OSとなる「Windows 8.1」をはじめ、「Windows 8」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」をサポートした。

今回のプレビューでは、英語版のみの提供だが、日本語OSでも利用可能。正式版では日本語版も用意される見込みだという。ダウンロードにはMicrosoftアカウントが必要で、「Microsoft Connect」にある「ConfigMgr Open Beta Program」より入手できる。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
個人情報含む病原体の検査成績通知書が所在不明に - 大阪府
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
患者の個人情報含むPCが所在不明 - 都立小児総合医療センター
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も