Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ設定を検査できる「MBSA 2.3」のプレビュー版が公開

Microsoftは、最新版となる「Microsoft Baseline Security Analyzer 2.3」のプレビュー版を公開した。正式版の公開は今秋を予定している。

同ツールは、エンドポイントのセキュリティ設定を検査するツール。ローカルだけでなくリモート環境にも対応しており、設定ミスやセキュリティ更新プログラムの適用状況などをチェックできる。

最新版となる「MBSA 2.3」では、最新OSとなる「Windows 8.1」をはじめ、「Windows 8」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2012」をサポートした。

今回のプレビューでは、英語版のみの提供だが、日本語OSでも利用可能。正式版では日本語版も用意される見込みだという。ダウンロードにはMicrosoftアカウントが必要で、「Microsoft Connect」にある「ConfigMgr Open Beta Program」より入手できる。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト