Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ロリポップ!」で約5000件のブログ改ざん被害 - 脆弱なPW原因か

レンタルサーバ「ロリポップ!」において、ウェブサイトが改ざんされる被害が多発している。同サービスを運営するpaperboy&co.では、利用者のパスワード管理がおもな原因であるとの見方を示し、対策を呼びかけた。

同社によれば、同サービスで「WordPress」を設置している利用者において、大規模な改ざん被害が発生しているもので、同社が確認しただけで4802件にのぼるという。

同サービスの共有部分であるデータベースなどが不正アクセスを受け、大規模な改ざんに発展したのではないかとの一部憶測も出ているが、同社ではこれを否定した。

一方利用者が、WordPressにおいて脆弱な「ID」と「パスワード」を設定したことで、管理画面へ不正ログインされるケースを多数確認していると指摘。

利用者側のパスワード管理がおもな原因であるとの認識を示した上で、利用者に対し、適切なパスワード設定やアクセス制限を実施するよう注意を呼びかけている。

また同社では、被害の有無に関係なくサーバ内に設置されたWordPressの設定ファイルに対し、パーミッションを強制的に変更する措置を実施。さらにサーバ上のファイルに対して不正ファイルがないかスキャンを行い、検知した場合はパーミッションを「000」に変更しているという。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か