Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む携帯電話を車の上に置いたまま走行して紛失 - ジブラルタ生命

ジブラルタ生命保険は、顧客など約800人の個人情報が登録された携帯電話を、従業員が紛失したことを明らかにした。

8月17日15時ごろ、従業員が営業活動中、岩手県釜石市のコンビニエンスストア駐車場に駐車した際、会社が貸与している携帯電話を車の上に一時的に置き忘れ、そのまま走行したことにより紛失したという。

紛失した携帯電話には、同従業員の顧客や個人的な関係者など、あわせて800人の氏名と電話番号が登録されていた。端末にはパスワードロックがかけられているという。駐車場や走行した道の捜索を行ったが発見できず、同日中に警察へ届け出た。情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2013/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例