Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAIPA、ネットバンク不正送金の多発受けて注意喚起 - 7月末までに3億6000万円被害

日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)は、オンラインバンキングにおいて多額の被害が発生している現状を受け、ウイルス対策の実施を呼びかけている。

オンラインバンキングのログイン時に、IDとパスワードが第三者に窃取され、他人名義の銀行口座へ不正送金される被害が多発していることから、インターネット利用者へ注意喚起を行ったもの。

警察庁のまとめでは、2013年1月から7月末までの被害件数は398件、被害総額は約3億6000万円に上っており、今月はじめには総務省が電気通信事業者に対し、契約者へセキュリティ対策の重要性を周知するよう協力を要請している。

IDとパスワードが奪われるおもな原因のひとつとなっているのがウイルス感染。同協会ではインターネットユーザー向けに基本的なウイルス対策の重要性や対策法についてウェブページを開設し、ウイルス感染リスクについて説明。感染確認のチェックリスト、駆除の手順などを紹介し、対策を呼びかけている。

またネットバンキング以外でも、複数のサービスで「リスト型攻撃」による不正アクセスが多発しているとして、同じパスワードを複数サービスで使い回すことのリスクを説明。ID、パスワードは守りたい情報の重要度にあわせて適切な管理を実施するよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2013/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ