Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CTC、標的型攻撃への耐性を診断し対策を支援するサービス

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、標的型攻撃に対する耐性を診断する企業向けサービス「APT攻撃対応アセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社がこれまで提供してきた標的型攻撃に対する診断サービスをメニュー化したもの。企業システムがAPT攻撃に耐性があるかを診断し、設計面と運用面での改善点を提示する。

具体的には、業種や企業の規模、ビジネス状況に応じた攻撃リスクの洗い出しのほか、構成図を含めたシステム設計のドキュメント、運用手順書、システムログファイルの確認、システム運用担当のヒアリングや対象システムの確認などを行う。価格は600万円から。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供