Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートデバイス向けフィルタリングサービスがWindowsに対応

デジタルアーツは、スマートデバイス向けフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」がサポートする端末を、8月下旬より拡充する。

企業や官公庁、教育機関向けに展開している同ソリューションでは、従来よりiOSやAndroidへ対応しているが、最新版となる「i-FILTER ブラウザー Ver.3.00」では、あらたにWindows端末に対応した。

クライアント証明書が必要なサイトにアクセスできるようになった。また全画面表示に対応している。5ユーザー利用時の年間利用料は、1万7325円。

(Security NEXT - 2013/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム