Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートデバイス向けフィルタリングサービスがWindowsに対応

デジタルアーツは、スマートデバイス向けフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」がサポートする端末を、8月下旬より拡充する。

企業や官公庁、教育機関向けに展開している同ソリューションでは、従来よりiOSやAndroidへ対応しているが、最新版となる「i-FILTER ブラウザー Ver.3.00」では、あらたにWindows端末に対応した。

クライアント証明書が必要なサイトにアクセスできるようになった。また全画面表示に対応している。5ユーザー利用時の年間利用料は、1万7325円。

(Security NEXT - 2013/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム