Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、ColdFusionの深刻な脆弱性を修正するホットフィクス

Adobe Systemsは、ColdFusionにおける2件の脆弱性を修正するホットフィクスを提供開始した。

今回修正された脆弱性の「CVE-2013-3350」は、深刻な脆弱性で「Windows」「Mac OS X」「Linux」において、すべてのバージョンが影響を受ける。ウェブ経由でコンポーネントを起動されるおそれがあり、同社は適用優先度を「1」にレーティングして72時間以内の適用を推奨している。

一方「CVE-2013-3349」は、 「同9.0.x」上で動作する「JRun」が影響を受ける脆弱性。悪用された場合、サービス拒否に陥る可能性がある。適用優先度は1段階低い「2」となっている。

同社では、ホットフィクスの適用を推奨するとともに、セキュリティの変更を実施するなど対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも