Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、ColdFusionの深刻な脆弱性を修正するホットフィクス

Adobe Systemsは、ColdFusionにおける2件の脆弱性を修正するホットフィクスを提供開始した。

今回修正された脆弱性の「CVE-2013-3350」は、深刻な脆弱性で「Windows」「Mac OS X」「Linux」において、すべてのバージョンが影響を受ける。ウェブ経由でコンポーネントを起動されるおそれがあり、同社は適用優先度を「1」にレーティングして72時間以内の適用を推奨している。

一方「CVE-2013-3349」は、 「同9.0.x」上で動作する「JRun」が影響を受ける脆弱性。悪用された場合、サービス拒否に陥る可能性がある。適用優先度は1段階低い「2」となっている。

同社では、ホットフィクスの適用を推奨するとともに、セキュリティの変更を実施するなど対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも
延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS
OpenSSLにセキュリティアップデート - 重要度「高」の脆弱性を修正
Adobeのマーケティングツールに2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Brooklyn」に2件の脆弱性 - 修正版が公開
Apple、脆弱性を解消した「GarageBand 10.1.6」をリリース
Norton導入時に利用するダウンロードマネージャーに脆弱性
Adobe、電子書籍ビューワのアップデートを公開 - 脆弱性9件を修正
「Adobe Flash Player」がアップデート、深刻な脆弱性を修正 - 72時間以内に更新を