Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ堅牢化技術競う「Hardening One Remix」が開催目前 - 初日6日はライブ中継を実施

WASForum Hardening Projectは、堅牢化技術や事業継続性などのセキュリティ技術を競う競技会「Hardening One Remix」を今週末7月6日と来週末の13日に開催する。初日にはストリーミング中継も予定されている。

競技は、仮想ネットワーク環境において、脆弱性が存在するeコマースサイトの問題解決や、事業継続性の確保といった観点から争われる。競技を行う7月6日の「Hardening Day」と、表彰や競技を振り返る翌週13日の「Softening Day」の2日間で構成されている。

競技では「防御技術力」「運営を維持する総合力」「攻撃に対する堅牢化」「売り上げの確保と損失の最小化」「ダウンタイムの最小化」などが評価のポイントとなる。

参加チームの応募は5月31日に締め切られており、実際に企業でIT実務に携わる8チームがエントリー。優勝を目指した激しい攻防が予想される。

競技を行う7月6日の「Hardening Day」の当日には、13時から17時までUstreamを用いたオンラインカンファレンスを開催する予定。

実行委員長の門林雄基氏による「Hardening Project」や同イベントの解説をはじめ、会場のライブ中継やセキュリティ専門家をゲストに迎えたトークセッションなどが届ける。ハッシュタグは「#hardening1R」。

(Security NEXT - 2013/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催