Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正B-CASカード」の購入者に示談金要求する詐欺 - 購入者リスト流出か

「不正B-CASカード」の購入者に対し、示談金の要求に見せかけた詐欺が発生している。同カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが注意を呼びかけている。

同社によると、有料放送が無料で視聴できる不正カードの購入者宛に、「NPO法人全国放送保護協会」を名乗る団体から「告発通知」とされる書面が届くケースが多発しているという。

到着後10日以内に示談金24万5000円を指定口座に振り込まないと、警察への告発や損害賠償請求の手続きを行うとする内容。不正カードの購入者リストが流出し、悪用されている可能性がある。

正規カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズは、無関係の団体が行っているもので、同社が電話や書面でこうした要求を行うことはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験