Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正B-CASカード」の購入者に示談金要求する詐欺 - 購入者リスト流出か

「不正B-CASカード」の購入者に対し、示談金の要求に見せかけた詐欺が発生している。同カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが注意を呼びかけている。

同社によると、有料放送が無料で視聴できる不正カードの購入者宛に、「NPO法人全国放送保護協会」を名乗る団体から「告発通知」とされる書面が届くケースが多発しているという。

到着後10日以内に示談金24万5000円を指定口座に振り込まないと、警察への告発や損害賠償請求の手続きを行うとする内容。不正カードの購入者リストが流出し、悪用されている可能性がある。

正規カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズは、無関係の団体が行っているもので、同社が電話や書面でこうした要求を行うことはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
【加筆訂正あり】検索結果に紛れ込む「偽Zoom」にご用心
ドメインに「tokyo2021」は使用しない - 東京オリパラ組織委が偽サイトに注意喚起
N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生