Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧JDKで生成したHTMLファイルに脆弱性 - 再生成か専用ツールで修正する必要あり

Oracleは、米国時間6月18日に「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開したが、旧バージョンの「JDK」で作成したHTMLファイルにも脆弱性が含まれることがわかった。CPUの適用だけでは修正されないため、注意が必要だ。

脆弱性情報サイトであるJVNによれば、問題の脆弱性は、「JDK」に含まれる「Javadoc」に関する脆弱性「CVE-2013-1571」。同ツールを用いて生成したHTMLファイルには、フレームに任意のウェブサイトのコンテンツを表示することが可能で、脆弱性がフィッシング詐欺などに悪用されるおそれがある。

JDKのアップデートだけでは、過去に生成したHTMLファイルに存在する脆弱性を解消できないため、最新のCPU適用後に「Javadoc」で再度HTMLファイルを生成するか、「Java API Documentation Updater Tool」を用いて、HTMLファイルを直接修正する必要があるという。

(Security NEXT - 2013/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性