Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、機能強化したWAFの新OSをリリース

フォーティネットジャパンは、ウェブアプリケーションファイアウォール「FortiWeb」向けに新OSを提供開始する。

今回提供するアップデート「FortiWeb 5.0 OS」は、「FortiWeb」の全製品と互換性を確保した新OS。アプリケーション層における防御を強化した。

正規なソースであるかプロアクティブに識別できるよう、トラフィックの起点を正確に特定する機能などを追加。チャレンジレスポンス方式のメカニズムを拡張することで、ウェブアプリケーションのリクエストと自動化されたDoSツールを識別が可能で、検索エンジンや、異常な動作を示すIPを監視できる。

またボットの特定、分析を行う範囲を拡張し、ダッシュボードからボットによるトラフィックの傾向を把握することが可能。IPv4とIPv6の双方向通信をサポートした。

さらに同社では、新OSの提供開始とともに、従来モデルに比べ、1.5倍から2倍にスループットが向上した新機種「FortiWeb-3000D」「FortiWeb-3000DFsx」「FortiWeb-4000D」を投入。大規模企業やサービスプロバイダ、大規模データセンターのニーズに対応していく。

(Security NEXT - 2013/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
JP-Secure、ホスト型WAFをバージョンアップ
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
NTTコム、クラウドのシステム構築行うSIer向けにセキュリティサービス
DSR、クラウドWAFと脆弱性診断の連携サービスを開始