Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

桃山学院大のサイトが不正アクセスにより改ざん - 情報収集目的か

桃山学院大学は、同大のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされたと発表した。ウイルス感染や情報流出などの被害は確認されていないという。

同大学によれば、5月7日に改ざんが判明。同大の調査によれば、今回の改ざんは、アクセス数など情報収集を目的としたものだったという。ウェブサイトから情報がダウンロードされたが、いずれも公開情報であり、今回の不正アクセスによる情報流出や、ウイルス感染といった被害については否定した。

同大では、すでにウェブサイトの復旧も完了しており、通常通りの閲覧が可能となっている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院