Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

桃山学院大のサイトが不正アクセスにより改ざん - 情報収集目的か

桃山学院大学は、同大のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされたと発表した。ウイルス感染や情報流出などの被害は確認されていないという。

同大学によれば、5月7日に改ざんが判明。同大の調査によれば、今回の改ざんは、アクセス数など情報収集を目的としたものだったという。ウェブサイトから情報がダウンロードされたが、いずれも公開情報であり、今回の不正アクセスによる情報流出や、ウイルス感染といった被害については否定した。

同大では、すでにウェブサイトの復旧も完了しており、通常通りの閲覧が可能となっている。

(Security NEXT - 2013/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象