Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム情報サイト「インサイド」に不正アクセス - 会員のメールアドレスなど流出

イードが運営するゲーム情報サイト「インサイド」が不正アクセスを受け、アカウント情報やメールアドレスなど、会員の個人情報が外部へ流出したことがわかった。

同社によれば、5月20日21時ごろ、サーバに高い負荷がかかっていたため調査を行ったところ、海外から不正アクセスを受けていることに気が付いたもの。対象サーバを停止し、攻撃元IPからのアクセスをブロックしたが、その後の調査で、会員情報が保存されているデータベースがアクセスされた痕跡を、同月22日に確認したという。

流出したのは、同サイトの会員情報6100件。IDやパスワード、メールアドレスのほか、ニックネーム、性別、年齢、趣味などの登録情報が含まれる。パスワードは暗号化されていたとしており、氏名や住所は含まれていないとしている。

同社では、同サイトの会員IDを利用するサービスを停止。復旧のめどはたっていない。同社では、対象となる会員に対し、個別にメールで謝罪する方針。

(Security NEXT - 2013/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ