Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年のセキュリティ関連市場は4%台後半のプラス成長 - IDC Japanまとめ

IDC Japanは、国内におけるセキュリティ製品やセキュリティサービスの市場動向を取りまとめた。スマートフォンやクラウドの導入、標的型攻撃の巧妙化を背景に、製品、サービスともに4%台後半のプラス成長を記録したという。

20130520_ij_001.jpg
国内セキュリティ製品市場 セグメント別売上予測(グラフ:IDC Japan)

ソフトウェア製品とアプライアンス製品を見ると、2012年は前年比成長率4.7%となり、市場規模は2220億円だった。2012年から2017年の年間平均成長率を3.9%、2017年には2693億円まで拡大すると同社は予想している。

内訳をみると「アイデンティティ、アクセス管理」と「エンドポイントセキュリティ」は、前年からの成長率は4.0%とやや低いものの、1898億円と中心を占める。クラウドやスマートフォンの利用拡大や標的型攻撃の巧妙化などを背景に引き続き堅調に推移し、2017までの年間平均成長率は3.8%になると同社では見込んでいる。

セキュリティアプライアンスは、「IDS、IPS」や「ファイアウォール、VPN」「UTM」が市場を牽引。2012年の市場規模は322億円だった。2011年はマイナス成長となったものの、前年比8.8%増とプラス成長に転じた。今後も需要が拡大すると同社では分析しており、2017年までの平均成長率は4.5%、402億円に拡大すると見ている。

一方、セキュリティサービスを見ると、前年比成長率は4.6%で6504億円。同社は、「標的型攻撃」への危機意識が高まったことや、セキュリティシステムの再構築需要の拡大を、市場拡大の要因に挙げている。今後の平均成長率は3.9%で、2017年の市場規模を7884億円と予想している。

(Security NEXT - 2013/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に